• ホーム
  • サイト案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
製造WEB RPFとRDFの違いや耐摩耗の破砕機刃物・減容機・スクラバー・酸性土壌の緑化のご案内

TOP > スクラバー > 工場で活躍するスクラバー

工場で活躍するスクラバー

一般家庭の場合にはスクラバーという機械はあまり馴染みがないかもしれません。スクラバーというのは、工場などで活躍しています。このスクラバーについてですが、臭気の問題を解決してくれます。

個人宅の場合には、スクラバーが必要となるほど、臭気を発するという事は考えにくく、通常は換気扇で対応している事が多いでしょう。

しかし、工場となれば、規模も大きいためスクラバーがないと対応できない事もあります。この機械は、濃度が高い臭気にも対応しているため、健康被害や、企業イメージの悪化などを未然に防いでくれる優れものです。近隣に住宅がある場合でも、迷惑をかける事なく工場を稼働する事ができます。

集塵も行うスクラバー

ただ強い臭いを発生しているばかりでなく、ホコリまで発生しているケースというのも考えられます。

ニオイだけであれば不快感があるというだけであっても、ホコリも発生するとなれば、やはり問題やトラブルへと発展するという事も考えられますので、スクラバーを使って集塵をしっかりと行いましょう。スクラバーを設置するだけで臭気とホコリ対策を行う事ができます。スクラバーは導入して稼働させるだけです。

これから長く企業を運営するためにも、スクラバーは大事な設備となる事でしょう。企業によっては、スクラバーがないと稼働させられないという所もある様です。

なくてはならない大事な役目を果たします。

スクラバーに関連する記事

コスパを考えたいスクラバー

一度導入すればそれで終わりではなく、スクラバーは導入した後も運用を続ける事になります。そのため、スクラバーには導入時のコストだけでなく、ランニングコストも必要になります。

スクラバーを導入する際に、比較したい場合にはコスパに注目してみるのもいいでしょう。スクラバーの導入後はできるだけ長く使用する事を想定して考えてみましょう。

総合的に判断して、自社にとっていいと思われるスクラバーを決定しましょう。また、機械自体が、臭気の種類によって適性がある様ですので、その点を考慮する事も必要となります。

不明点などがあれば、取り扱っている業者に相談した上で決定する事もできるでしょう。

処理能力を考慮したいスクラバー

同じ業種を扱う工場を考えた場合でも、小規模の工場と大規模な工場を比較してみると、排出する臭気の量や濃度が異なる場合があります。スクラバーも機械によって処理能力が異なります。

そのため、自社の工場にスクラバーを設置した場合の事を考えて、排出するすべての臭気を処理する事ができるスクラバーであるかどうかという事を検討する必要があります。

この件については、スクラバーに関する非常に専門的な事を把握していないと、十分な処理能力があるかどうか判断できない事もありますので、スクラバー取り扱う会社に問い合わせをするなどして、個別の相談を行うといいでしょう。適した物の導入が大事です。

スクラバーの株式会社アイエンス

会社名株式会社アイエンス
本社〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F
最寄駅大阪メトロ四つ橋線肥後橋駅徒歩5分
TEL06-6225-2323
神戸支店〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通7丁目3-3
東京オフィス〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目14-19 大成企業ビル6F
TEL03-6869-9189
URLhttps://www.aience.co.jp/

メニュー

製造WEBホーム スクラバー コストとスクラバー スクラバー メーカー 大阪の製造メーカー 酸性土壌の緑化 環境問題 酸性土壌 酸性土壌の緑化 大阪 減溶機 RPF

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

海外WEBマーケティング、マイクロスコープ、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

ページトップ